JewelryRoad ジュエリーロード
NEWS 店舗紹介 ジュエリーロードについて ブライダルオーダメイド ジュエリーリフォームリペア ジュエリー買取 ギャラリー ジュエリー基礎知識
  名称 長所 短所
爪留め しっかり止まる ひっかかりやすい
はさみ留め ひっかかりがなく
普段使いに最適
留め方によっては石がゆるみやすい場合がある
フクリン留め しっかり留まる 地金で石をすべて覆ってしまうため光の入り方が悪くなる
(石のキラメキが衰える)
フクロ爪 石の欠けやすい所をカバーできる ひっかかりやすい
鏡面仕上げ 鏡のように光らせる一般的な仕上げです。
ヘアライン仕上げ リングに添って、細いラインのつや消しの仕上げです。
マット仕上げ 鏡面仕上げより、光を抑えて 、シックな印象になります
なし地仕上げ マット仕上げよりも、荒い感じのつや消しの仕上げです
SV(銀)は、一般的に空気にふれていると表面が酸化し黒く変色することは知られていますが、金も同様です。
一般的に多いK18は75%は金で他の25%は銅・SVなどが含まれています。 それらが空気に触れると、SV同様表面が酸化し地金が赤茶色に変色してきます。これを防ぐ為に密封性のあるビニール袋に入れておくと、色の変化がかなり防げます。
ダイアモンド
ダイアモンドは、「地球上で一番固い物質」と安心してはいけません。”じん性”というw衝撃に弱い性質がある為、不意にぶつけたりすると欠けてしまう事もあります。ダイアモンドは光の反射できれいな7色(ディスバージョン)が出る分、製品には光が沢山入るよう石自体が、むき出しの場合も多いので気をつけて使用しましょう。
きれいなディスバーションをいつまでも楽しむために
ダイアモンドは親油性といって、油になじみやすい性質があり、同時に汚れも付きやすいので、光り方が鈍ってきたらぬるま湯に中性洗剤を入れて、少しつけた後ハブラシなどで軽く洗ってください。(特に裏側)
その後は、お湯でしっかり洗い流してドライヤーでしっかり乾かしてください。驚くほどきれいな光が戻ってきます。
※石の留め方、形状によっては石が外れやすくなる場合もありますので、専門店へお持ちになることをお勧めいたします。
エメラルド
もともと、中包物(石が成長する際に中に入る気体、固体、液体)が多い石なので、それを目立たなくさせる為に、オイルを浸み込ませてあるものが多く、水、お湯などに入れるとそのオイルが抜けて中包物が目立ちやすくなり石自体も、もろくなりますので家事などの際は外されることをお勧めいたします。
その他の石についても、硬度(石の硬さ)の差は色々ですが、トラブルを裂ける為にも、お出かけから帰られたら外すというご使用をお勧めします。
会社概要 FAQ